綺麗のお手伝いをする

シェイプアップ

エステティシャンは国家資格が必要な仕事ではありませんが、民間の資格がいくつかあります。有名なのが「日本エステティック協会」と「日本エステティック業協会」の2つです。この2つの資格のどちらかに合格しているエステティシャンを、「認定エステティシャン」と呼びます。サロンの広告でよく「スタッフ全員認定エステティシャン」という触れ込みのお店がありますが、そうしたお店はすべてのスタッフが有資格者ということになります。 資格を取ってからサロンで働く人もいれば、資格を取得するためにサロンで働いている人もいます。どちらの資格も合格するには美容の基礎知識と応用力、高い施術スキル、接客マナー、カウンセリング力が必要です。

認定エステティシャンは一定レベル以上の美容の知識を持っています。エステティシャンの仕事内容は大きく分けるとカウンセリングと施術になります。フェイシャルサロンならお客様の肌質にあわせてフェイシャルトリートメント、フェイシャルマッサージなどの施術を行います。また、スキンケアに関する相談に乗ったり、肌質にあった化粧品のアドバイスも行います。 痩身サロンではダイエットやボディバランスに関する施術をしています。サロンには沢山の種類のダイエット・マシンがありますが、エステティシャンはすべてのマシンを安全に使いこなすスキルを持っています。また、ダイエットにくじけそうになったときには励ましてくれる頼れる存在です。